メッセージ

Message

誰もが、自分らしく、チャンスを掴む会社。
「人の幸せ」に寄与できる企業をつくりたい

紆余曲折を経た私も、
この会社で社長になった。

私は2004年に親会社であるクリエイトラボに入社するまで、プログラマーや営業職として仕事を続けてきましたが、実はこれが7社目の経験でした。かつてはマネジメント職として60名の部下を引き連れて転職したこともあれば、務めていた会社が倒産したことさえあります。決して一本道の経験ではなく、失敗も数知れずです。

様々な道をたどってきましたが、この会社ではインサイドセールスのオペレーターから始め、現在は社長を務めるまでになれました。同じように当社には、誰もが自分らしく仕事に励み、輝けるチャンスがあります。それに賭けて、業界未経験の方にも、ぜひ応募をいただきたいと思っています。

弊社の主力事業は「インサイドセールス事業」「コンタクトセンター事業」「調査事業」です。特に「電話(自社コンタクトセンター)」を主力の手法としたインサイドセールスに関しては、取り組みを始めた2004年からの経験を蓄積しています。商材やターゲットによって商売の仕方が変わるのは、インサイドセールスでも同様です。私を始め、リーダー職も現場をよく知る人材ばかりだからこそ、成功のノウハウはもちろん、失敗や困りごとに対する勘所も押さえ、長年の経験を社員で共有しているのです。

アパレル出身の女性が、
誰よりパソコンを売った日。

なにより当社が未経験者も歓迎するのは、人がどんな才能に溢れているのか、わからないからです。それを教えてくれたのもインサイドセールスの現場でした。

ある時、パソコンを販売するミッションのために、パソコンをよく知る技術者を中心に集め、窓口を設けました。しかし、結果は芳しくありません。そのチームで花開いたのは、アパレル業界から採用した女性や、証券会社の元営業マンだったのです。人間の可能性を感じると共に、畑違いのところであっても、インサイドセールスは成果が出せる仕事なのだと思い直しました。

世の中は様々な人がいて成り立つように、野球なら4番バッターばかりを揃えても勝てないように、インサイドセールスの現場も多様性が大切です。だからこそ当社は、バラエティに富む採用を心がけています。

「人の幸せ」を考え、
共に夢を見ましょう。

会社にとって最も大切なのは「人」に他なりません。日本の労働人口が減る環境下において、我々が人材に投資する上で出した答えが「正社員採用」です。たしかに直近の利益だけを見れば非正規採用は有効な手段かもしれません。しかし、それでは会社としてのチャレンジはおろか、仕事をする人にとっても未来が広がらないのではないか。そう考えるのです。

当社は、世間一般で言うなれば「営業会社」ではありますが、個々の社員にはノルマを課していません。会社内に受注成果を掲げているのは、あくまで社員のモチベーション維持のため。リーダーから数字を押し付けるのではなく、各セクションが一体となって目標達成に向けて励むようにしたいのです。我々は社員一人ひとりの人間性や適性を大切にし、配慮と努力を怠らず、誠実と和を重んじ、喜びを分かち合いながら、成長に努めています。

そして、「人の幸せ」に寄与できる企業を目指していきたい。私が抱く夢は、当社の経営理念でもある「ICTを通じて、すべての人を幸せに」です。この「すべて」には、社員も当然含まれています。アダムスコミュニケーションは、まだ大きな会社とはいえません。しかし、将来はこうありたい、そのためにはこうすべきだと、一緒に夢を見てくれる社員と邁進したい。その日々の中から、当社で仕事をする幸せを感じてほしいと願っています。