社会調査・市場調査Researchコラム

電話調査とは

電話調査は、どのように実施されているのでしょうか?
電話調査の内容や種類、管理の仕組みなどについて解説します。

1.電話調査について

電話調査とは、電話を通じて、対象となる相手の考えや感想、意見などを聞き取る調査手法です。民間企業が対象市場についてリサーチする際に利用されている手法です。また、自治体や政府が主体となり世論の動向を探る場合に活用することもあります。

まず、対象となる個人や法人に対して電話をかけます。相手に対してヒアリングを行い、質問に対して回答してもらうことで、データ収集を行います。インタビュアーが事前に準備した質問項目に沿って質問を行い、その回答を専用システムに入力したり、回答用紙に記録したりした後、集計を行い、データとして活用します。

2.電話番号調査の種類(名簿方式)

名簿を活用して行う方式では、電話帳や調査目的に合致した名簿に記載されている電話番号に架電し、調査します。すでに実在する情報内容に基づいて個人・法人などの属性に基づいた振り分けを行うことも可能なことから、例えば法人のみを対象とする調査プロジェクトなど、対象を限定した調査ニーズに合致し易い方法です。

3.電話番号調査の種類(RDD方式)

コンピューターで数字を組み合わることで、無作為に電話番号を作り、その番号に電話をかけて調査する方法です。この方式ですと、電話帳に電話番号を記載していないようなターゲットに対しても調査を行うことができます。

携帯電話の普及により、若い世代を中心に、固定電話を持たない人が増えてきていることもあり、現在では固定電話のみではなく、携帯電話にもRDD方式を適応しております。

4.管理の仕組み

電話調査をコンピューター上で管理する仕組みは「CATI(Computer-Assisted Telephone Interview)」と呼ばれます。さらに直接訪問による訪問調査を行うには効率や費用、さらには安全面などで制約が多い海外の地域では、特にこのCATIの導入が進んでいます。この仕組みを導入するには、電話の普及率も高いことも前提条件となります。

近年、情報機器の機能が飛躍的に向上した影響から、CATIの仕組みをさらに発展させて、”質問項目のリストアップから調査の実施、調査結果の集計といった電話調査のプロセス全体をトータルに管理できるシステムも登場しています。

お問い合わせ・お見積もりはこちら

お電話でのお問い合わせ

TEL:03-3768-7501

メールフォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム